勧誘をうまーく断る方法!もし勧誘があった場合の対処方

HOME | 美容に関する豆知識 | 勧誘の断り方

エステサロンへ体験に行った時の心配ごとの1つに「勧誘」があるかと思います。ではその勧誘をうま~く回避する方法はあるのか?もし勧誘されてもどうやって断ればいいのかわからない!という方へ、うま~く勧誘を断る方法を解説していきます。

できるだけ勧誘を免れたい‼

 
 エステサロンといえば、体験。体験といえば、勧誘。そんなイメージがありますよね。そのせいでエステサロンの体験には行きにくい、という方も多くいらっしゃいます。しかしそれはもったいないと思いませんか?せっかくお安い価格で施術してもらえるなら、体験してみない手はありません!もし勧誘があった場合に便利なお断り方法を解説していきます。
 
せっかくお安い価格で施術してもらえるなら、体験してみない手はありません!
もちろんその後、本当に自分が満足して金額も問題ないと思ったら、契約すれば良いのです。
 
しかし実際にはそうはいきません。
エステサロンの施術体験後には、必ずと言って良いほど勧誘がつきものです。
さすがに最近では契約するまで密室に閉じ込めたまま、なんていう強引すぎるサロンはめっきりなくなりました。
しかしそれでも勧誘は免れません。
それはそうです、エステサロンだって慈善事業ではありません。
体験施術をするからには、契約してほしいのです。
 
では勧誘をどうくぐり抜ければ良いのか…?
そんな方法をご紹介していきましょう。
 

勧誘をうまく断るには?

 
勧誘を上手に断るにはまず設定が大事です。
職業欄は出来る限り学生、もしくは主婦にしておきましょう。
あまり収入がないと思わせておくのです。
もしも職業を偽れない状態であるならばそれはかまいませんが、基本的には「自由なお金は少ない」という設定にしておくほうが楽です。
 
さて勧誘の際、お金がないとなると基本的にはローンのお話をされることでしょう。
その時に「1度家に帰ってから決める!と決めて、こちらに体験に来ました。」と言うことをおすすめします。
「とにかくこの場で契約する気はない!」ということを意思表示してください。
ただこれだけだと少々不愛想な感じがしますので…
 
 

契約する気がないわけじゃないの!


体験するからには、契約する可能性もないわけではないですよね。
本当にその場で契約する気はないにしても、もしかしたら後から契約をするかもしれない…
 
そこで「見積もりをください。しっかり考えてきます。」と伝えましょう。
これで「あ、この人はちゃんと考えてくれるんだな。」と相手にも伝わりますので、簡単に勧誘から解放してくれたりします。
 

予防線を張って勧誘を回避!


予約をする時、そして施術の前の説明の時に、「今日は●●時に約束があるので、それまでには帰らないといけない。」ということを伝えておきましょう。
これで長時間の勧誘はできなくなります。
 
このように勧誘をされないよう、自分から予防線を張ることも大事ですよ。
ぜひ試してみてくださいね。
 

TOP

ランキング


エステサロンの中でも取分け知名度が高く、人気もありますね。TBCは脱毛サロンでもありますが、こちらではフェイシャル&痩身エステに焦点を当てて口コミを調査しました。


 

 

 



エステサロンの中でも取分け知名度が高く、人気もありますね。 TBCは脱毛サロンでもありますが、こちらではフェイシャル&痩身エステに焦点を当てて口コミを調査しました。
TBC公式サイトへTBC公式サイトへ

TBC公式サイトへTBC公式サイトへ


 
TBC公式サイトへTBC公式サイトへ

TBC公式サイトへTBC公式サイトへ


TBC公式サイトへTBC公式サイトへ

TBC公式サイトへTBC公式サイトへ

体験談一覧

コンテンツ